プロフィール

秋丸 健一郎(あきまる・けんいちろう)

年齢:48歳(昭和48年1月15日生)
血液型:O型
家族:母、妻、子(中3、小2)、猫4匹、犬1匹 
   猫は全て拾い猫。犬は隼人町小田の鹿児島県動物愛護センターの譲渡会で家族になりました。
出身:霧島市隼人町神宮(元 内山田) 桑幡氏館跡の隣。(先祖が皇室の医術に功あり、桑幡氏の土地の一部を賜った)
   隼人町郷土史に「明治維新当時鹿児島神社旧社家他」四十七家の中に曽祖父、休太郎の名有り。(祝太夫)
   祖父、篤は上小川小校長のほか、宮内小、富隈小、牧園小で教鞭。
   父、五郎は一級建築士で昭和50年代頭まで宮内で設計事務所経営。

趣味・性格等

趣味:バンド活動(基本はボーカルですが、ベースも弾きます)
   サッカー観戦(鹿児島ユナイテッドFC) 2020シーズンは全試合を視聴(2試合を白波で観戦)
好きな音楽:Rainbow、Deep Purple、Whitesnake、Gary Moore、Thin Lizzy、UFO、MSG、King Crimson、EL&P、U.K.、It Bites、Peter Gabriel、Sting、Queen、Dead End、Anthem、Loudness 等
性格:正義感・責任感が強い。「長いものには巻かれない」、「出過ぎたくいは打たれない」がモットー。
   自分が話すより、聴き役に回ることが多い。人の相談を良く受けます。
好きな言葉:ハングリーであれ、愚かであれ (スティーブ・ジョブズの米スタンフォード大卒業式スピーチ)
      命もいらず、名もいらず、官位も金もいらぬ人は、仕末に困るものなり。この仕末に困る人ならでは、艱難を共にして国家の大業は成し得られぬなり。(南洲翁遺訓)

好きな本:「道は開ける」 D・カーネギー、「マネジメント[エッセンシャル版] 」 ピーター・F・ドラッカー、「ソーシャルワーカー: 「身近」を革命する人たち」井手英策、「危険な思想家」呉智英、「[新訳]南洲翁遺訓 西郷隆盛が遺した「敬天愛人」の教え」松浦 光修、「スティーブ・ジョブズ 驚異のイノベーション」 カーマイン・ガロ
好きな漫画:GIANT KILLING、アオアシ、Q.E.D.、BLUE GIANT

経歴

  1. 昭和48年1月 隼人町神宮に生まれる(1973年1月15日生) 長男(ひとりっ子)
  2. 昭和54年3月 宮内幼稚園卒業
  3. 昭和60年3月 鹿児島市立大龍小卒業
  4. 昭和63年3月 私立ラ・サール中学校卒業
  5. 平成3年3月 私立ラ・サール高等学校卒業 (成績は下からすぐに数えられました。  体育祭の応援団に3年間在籍。3年時、紅軍副団長(学蘭隊))
  6. 平成9年3月 鹿児島大学法文学部法学科卒 (モラトリアムで、アルバイトとバンド活動(ロック同好会キックスに所属。)に明け暮れ、1年半休学し6年間在籍。)
  7. 平成7年10月〜平成9年9月 南日本新聞社 契約社員
  8. 平成10年4月 旧国分市役所入庁。 保健環境課 保健予防係 (会計伝票作成、健診や予防接種の補助等)
  9. 平成13年4月 福祉事務所 介護保険係 (介護認定事務処理等)
  10. 平成15年12月 税務課 固定資産税係 (家屋担当2年4ヶ月、土地担当3年)
  11. 平成21年4月 農業委員会 農地グループ (3条 農地権利移転、4・5条 転用担当)
  12. 平成23年4月 保健福祉政策課 政策グループ (部内全体の事務調整、社会福祉法人、民生委員担当)
  13. 平成23年4月 保健福祉政策課 政策グループ サブリーダー
  14. 平成29年4月 長寿・障害福祉課 長寿福祉グループ サブリーダー (地域包括支援センター、成年後見利用支援、高齢者虐待対応等担当)
  15. 令和元年10月 税務課 市民税グループ サブリーダー
  16. 令和2年4月 税務課 市民税グループ グループ長
  17. 令和3年3月 霧島市役所退職
  18. 資格等
  19. 経済産業省 初級システムアドミニストレータ試験 合格

在職中の主な業務成果

  1. 平成12年 宝くじ助成活用による、全地区自治公民館への血圧計、体脂肪計配布(旧国分市)
  2. 平成14年 第2期国分市介護保険事業計画の取りまとめ
  3. 平成15年 パワーリハビリテーション事業の企画(国分いきいき交流センターにて実施)
  4. 平成16年〜17年 合併協議会の税務分科会取りまとめ。税条例等作成。
  5. 平成19年 霧島市統合型GISの導入
  6. 平成20年 合併後の固定資産税土地評価の統一業務の総括
  7. 平成23年 発達障害に関する相談窓口として、こども発達サポートセンターの立ち上げ
  8. 平成23年 児童虐待相談対応のため保健福祉情報共有システム企画・構築
  9. 平成23年〜28年 公立保育園の民営化の推進
  10. 平成28年 社会福祉法人改革の移行支援
  11. 平成28年 介護保険の総合事業の制度設計、取りまとめ
  12. 平成28年 主任児童委員専門部会の立ち上げ、教育委員会との連携
  13. 平成29年 高齢者・介護相談の窓口である地域包括支援センターの人員体制強化
  14. 平成29年 地域互助の取り組みである生活支援体制整備事業の事業総括、地域のひろば推進事業の立ち上げ
  15. 平成29年 第7期介護保険事業計画の取りまとめ
  16. 平成30年 障害者の相談窓口である基幹相談支援センターの立ち上げ
  17. 令和元年 成年後見相談窓口である、成年後見センターの運営支援
  18. 令和元年 包括的相談体制窓口として、生活困窮、児童虐待等、スクールソーシャルワーカー、高齢者に関する相談、の4課にまたがっていた相談窓口を統合する、こども・くらし相談センターの企画立案
PAGE TOP